過払い金をする時の弁護士事務所選び

過払い金をする時の弁護士事務所選び

過払い請求の成果が出やすい方というのはやはり長期間高い金利を長期間返している方というのが成果が上がりやすいですね。例えば私の経験で言いますとやはり長期間消費者金融に対してお金をずっと返している方というのは過払いになっている可能性が高くなります。

 

それから過去に消費者金融と取引きをしていて今現在完済してしまったという方です。完済というのは要するに借金を全部払いきってしまって、取引を終了させてしまったという状態なんですけれども、そういう過去に消費者金融と取引きをしていて完済をした方の場合は過払いになっている可能性が非常に高いということが言えます。

 

ですので、過払い請求をするにあたって効果が出やすい方というのは、まず1つ目としましては取引期間が非常に長い方、特に10年以上の取引きをしている方。2つ目としまして過去に消費者金融と取引きをしていて全部完済してしまったという方、この2つの方の場合には非常に大きな効果が出るということは言えます。

 

過払い請求の効果が上がらない方の場合にはですね、まず1つ目に消費者金融と取引を行ってまだ期間があまり経っていない方ですね。

 

例えば2年前から取引きをしていますとか、あるいは3年前から取引きをしていますという場合には過払いになっていないという方が多いです。

 

そしてもう1つは最初から金利が低いという場合です。法律的に認められた金利というものは18%、100万円以下の場合は18%なんですね。ですので、

 

18%以下の金利でしか借りていないという場合には過払い請求の効果としては上がらないという場合が多いです。例えば18%以下で借しているというのは、所謂消費者金融と言っても銀行系の消費者金融は18%以下でしか借していませんし、銀行本体、銀行から直接お金を借りている場合には18%以下のことが大変多いです。

 

過払い請求についてはインターネットとか、あるいは広告チラシで様々なところが過払い請求を行いますと書いていると思います。その中で見ていただきたいのは、きちんとした資格のある人間が行っているのかどうかというのを見てください。過払い請求について代人として活動できますのは弁護士かあるいは司法書士に限定されています。

 

ですので、弁護士あるいは司法書士以外が過払い請求を行いますと言っても、それは法律に違反する可能性があります。尚且つ法律に違反しているわけですから、途中でその方が逃げてしまうとか、そういうこともありえますので、そう言ったちゃんとした資格のある人間が行うのかということを見てください。次に見ていただきたいのが、きちんと費用の明示というところを行っているのかというところですね。費用についてチラシやインターネット上で書いていない場合には、後で思っていた以上に高額な請求がされるという場合がありますので、費用についてはきちんと確認をお願いします。